アダルトアフィリエイトのSEO

アダルト動画レビュー記事の書き方

SEOは記事を検索上位に表示させるための施策です。サイト全体の評価も上がるためアクセス数も成約数も上がります。つまり儲かるわけです。

SEOのやり方自体には、アダルトも非アダルトも本質的な違いはありません。違いは、アダルト系のサイトはSEOに疎いので、簡単な対策をしただけでも効果が大きいということです。

非アダルト系のアフィリエイトをしているサイトには、SEOに詳しい運営者がゴロゴロいるので、少しくらいSEOを頑張ったところで競合するサイトを追い越せず、たいした効果は望めません。アダルトの場合はごぼう抜き一等賞もあり得ます。

アダルトSEOは物販アフィリエイトのSEOとは違う

さて、SEOというのは、検索エンジンから記事やサイトに流入するアクセス数を増加させることが目的です。商品を売るサイトとしては、儲けに直結する転換率のいいキーワードでのアクセスが増えて欲しいのですが、ぜいたくも言っていられないので、とりあえずどんなキーワードでもいいので検索流入量を増やします。アクセスさえ増えれば、説得系記事に誘導することで成約率を上げることができるからです。

そうした考え方をするときには、アダルト系商品のなかでもアクセスを集めやすいアダルトビデオのレビュー記事を中心に書いていくことになります。アダルトトイなどのグッズ系は、サイトが育ってから本格的なSEOを施すという方針です。当然記事は用意しますが、サイト内での誘導を基本とするのです。

アダルトビデオのレビュー記事でアクセスを集めるために施すSEOは、普通の物販アフィリエイトや一般的なブログ記事とは少し考え方を変えたいところです。というのは、アダルトビデオというのは、分割できるエロシーンの集合体だからです。

XVIDEOS.COMや動画エロタレストにあるのは、作品一本の長尺ビデオではなく作品の細切れシーンがほとんどですが、大変な人気があります。そして当然、その細切れシーンを表しているキーワードで集客していることになります。つまり、エロ動画はひとつの動画を数多くのシーンに分割でき、それぞれが集客の主体になっているのです。

ですから、アダルト動画作品単体のレビューを書くときには、作品全体の評価とともに分割できるシーンの評価も考えた方がいいのです。そう考えて分割したシーンはそれ自体に集客力があるので、それを独立したコンテンツとして扱いそこにもSEOを施します。当然、演じている女優さんにも集客力があるので、独立したコンテンツとして扱いSEOの対象にします。

具体的にどうやってSEOの対象にするのかというと、同じシーンや似たシーンをまとめてひとつの記事にするのです。女優さんは女優名や出演カテゴリーなどの属性で切り分け、それもひとつの記事にします。そして、レビュー記事の内部からその記事にリンクを張ります。必要なときは、その逆にもリンクを設定します。

つまりこれは、内部リンクを増やすためのSEOです。と同時に、サイトのコンテンツを詳細に分割し、2次利用3次利用することで、外部からの効果的な流入を図るSEOにしています。

物販アフィリエイトの経験があると、ビジターの誘導先はショップにしたくなります。その方が効果的に商品が売れていくからです。でも、アダルトアフィリエイトの場合は、送客をしても売れないことの方が多いです。少なくとも物販のようには売れません。

であれば、目の前の利益より将来の利益を重視して、サイトへの流入量を増加させることを考えてもいいのです。そのためには、外部に向かうリンクより内部へ向かうリンクを重視した方がいい。SEOでもっとも効果的なのは被リンクをもらうことですが、そこはコントロールできないので、自分で100%制御可能な内部リンクを重視するわけです。

SEOで重要なのはキーワードとリンクなので、常に「このキーワードでいいか?」「このリンクでいいか?」「ここにリンクしていいか?」「ほかに効果的なリンクはないか?」と考えながら記事を書いていくことが重要です。漫然とリンクを設定してしまうのはSEOを放棄しているようなものなので、意識的に実行する必要があります。

こうしたSEO施策をするには、記事を書き上げていく前に、将来できあがるサイトの全体構造が頭に入っている必要があります。また、分割したシーンがある程度たまるまでは、記事として公開できる文章量にならないコンテンツが多数生まれます。そのため、WordPressだけで記事を書いていくのは現実的ではありません。できればデータベースのような記事蓄積ソフトが欲しいところです。筆者はEvernoteを利用しています。

ここまでは、外部からの流入を増やすために施す内部SEOについて、アダルト動画の特性を考慮した、効果的なコンテンツの利用とサイト構造についてお話ししました。

次は、誰が解説しても同じような説明になる、記事の構成にかかわるSEOについて解説します。「目次を作れ」とか「滞在時間を延ばせ」とかですね。

でもそれだけだと、書く意味合いに乏しいので、「どこに来て欲しいか考えてる?」とか「誰か書いてない?」「必要な記事なの?」についてもお話ししようと思います。

つづく

タイトルとURLをコピーしました