AVアフィリで動画が売れない原因と対策

アダルトブログの始め方

アダルト動画ブログを運営しているけど、思うように稼げないと悩んでいる管理者は多いでしょう。アクセスは多いけど成約しない、アクセス自体が少ない、以前は多かったアクセスがどんどん減っているなど、成果が上がらないという現象は同じでも、動画が売れない原因はさまざまです。

アダルト動画ブログで稼げない原因(原因分析編)

まずは、アダルト動画が売れない原因、アダルト商材が成約しない原因がどこにあるのかを切り分けましょう。ブログの運営期間が短いうちは記事を増やすことが最優先ですが、この記事を参考にして、記事の構造などを再検討してみることをおすすめします。

ブログに原因がある場合

アクセスは多いけれど動画が売れないというのであれば、原因はブログにあると考えていいでしょう。ほかには、送客先の動画配信サイトが廃業している、目的の動画がなくなっているなどということもあります。ときどき提携先を目視で確認したり、デッドリンクチェックツールでリンク切れに注意するようにしましょう。

記事の内容が顧客の期待と合わない

通常、ブログの運営を始めるときには、どんな属性の顧客に来てもらいたいのかを考えて記事の内容を決めます。来客属性が運営方針から離れすぎると、商品を売ることが難しくなります。ですから、まずは、見込み通りの属性客が集客できているのかを検証してみる必要があります。

商材の傾向が偏っている

配信形式、視聴形式などに偏りがあると成約しにくくなります。

送客が下手

何も考えないでバナーを貼ったり送客リンクを設置するのではなく、ビジターに注目してもらう仕掛けが必要です。

送客を考えた記事を書いていない

記事を書くときには、集客から送客までを考えましょう。集客のための記事ブロック、送客のための記事ブロックも配置した記事にすると効率的です。物販などの商品説明記事で、一般的に使われている記事の構成です。

誘導が下手

ただポンと送客リンクを設置するより、リンクをクリックしたくなる仕掛けを考えましょう。「魅力的な提案をする」「必要性を教育する」「気づいていないメリットとリスクを教える」なども効果的な誘導方法です。

ブログ以外に原因がある場合

以前に比べてアクセス数が減少しているケースです。

無料動画サイト

もはや無料動画サイトの影響を受けないでアダルト動画ブログを運営することはできません。しっかり考えて対応しましょう。

検索エンジン

検索流入が減少したせいでアクセスが減少したケースは深刻です。

アルゴリズムが変わった、競合するブログの評価が上がった、などの場合です。

稼げるアダルト動画ブログにする方法(対策編)

成約できない原因ごとに対策を講じます。いくつかの原因が重なっているケースもあります。地道にひとつずつ修正していきましょう。

ブログに原因がある場合

おもにブログ側に売れない原因があるケースです。

記事の内容が顧客の期待と合わない

ブログの運営を始めたときに想定した顧客属性と来客者の属性にずれはないかを検証してみましょう。

  • 女優名で集客している
  • 動画配信サイト名で集客している
  • 作品名で集客している
  • シリーズ名で集客している
  • 動画のジャンルで集客している

どんなキーワードで検索した顧客がやってきたのかで顧客の好みや関心事が想像できます。女優名でアクセスされた記事に十分な女優情報がない、動画配信サイト名でアクセスされた記事なのに動画配信サイトの情報が薄いなど、期待した情報が見つからないと顧客はすぐに離脱します。必要な情報は付け加え、分かりやすいように編集しましょう。

商材の傾向が偏っている

  • おもにダウンロードをしたい顧客とストリーミングだけでいい顧客がいます。
  • 動画を単体で探している顧客と月額固定料金の見放題を希望している顧客がいます。
  • 販売の終了時期が迫っていて、ダウンロードしてしまったほうがいい作品もあります。
  • VRが人気だといっても、VRには興味のない人たちも大勢います。
  • サービスや商品の情報に疎く、興味があること以外の用語を知らない顧客もいます。

ひとつの記事で全てに対応することはできないので、FAQやコラムなどの記事を作成し、ブログの記事中からアクセスしやすいようにしておきましょう。ブログのユーザビリティーが悪いとほかの記事にアクセスしにくいので、ブログの導線設計やユーザビリティーが重要になってきます。

送客が下手

「作品の解説文を書いたら、次の行に送客リンクを設置して記事がひとつ完成」ではダメです。売上を上げるには、いかに解説記事から送客リンクに顧客の視線を移動させられるかが重要です。意図的に顧客の興味を商品に移動させるのです。

アダルト動画のアフィリエイトでは、集客した人たちの好みに応じて送客先を変えるという伝統的な手法があります。たったひとつの送客先では個別の好みに対応できないので、好きな行き先を顧客自身に選んでもらうのです。複数の選択肢を用意することで、多様な好みに応えられます。

送客を考えた記事を書いていない

「集客のための記事ブロック、記事本体、送客のための記事ブロック」で記事を書くと効率のいい記事になります。

記事本体では動画のレビューなど、そのブログに適した記事を書きます。送客のための記事ブロックは、顧客に送客リンクを注目してもらうための文章です。短いものでは「この動画を見てみる」などが使われます。ここの文章を、記事本体で書いた内容に応じて最適化します。

誘導が下手

送客リンクをクリックしたくなる文章を考えましょう。よく使われるのは、次のようなことに言及した文章を書いて、積極的にクリックを促す方法です。

  • 魅力的な提案をする
  • 必要性を教育する
  • 気づいていないメリットとリスクを教える

提携先がなくなっている、商品がなくなっている

目視やデッドリンクチェックツールで、リンク先を確認しましょう。提携先のサイトが適切なレスポンスヘッダを返してくれないと、デッドリンクチェックツールが正確な状態を把握できないことがあります。全面的にツールに頼るのではなく、ときどき目視で確認する必要があります。

ブログ以外に原因がある場合

無料動画サイト

アダルト動画ブログを運営しているなら、無料動画サイトもできるだけチェックしましょう。無料動画サイトは全ての動画が無料なのではありません。違法コピー動画をばらまいているだけに見える中華系サイトといえどもビジネスとして運営しています。利益を生み出す仕組みがあるのです。

無料動画サイトが稼ぐ仕組み、配信される動画の種類、配信期間などをチェックして対抗策を考えてみましょう。たとえば、特に人気がある動画を無料から有料視聴に切り替えることがあります。「無料動画サイトで有料配信になった人気動画」というセールスポイントができたことになります。

検索エンジン

検索エンジンの評価が変わったこと自体は外的要因ですが、結果的に自分運営するサイトの評価を下げたのは、自分のサイトに根本的な原因があります。

アルゴリズムが変わった

検索エンジンのアルゴリズムが変わって、ブログの検索順位が全体的に下がったときは、地道にブログの品質を上げていくしか対応方法がありません。日頃から記事の品質向上に取り組みましょう。

アダルト系サイトの場合、もし仮に「評価アルゴリズムが変わって企業サイトが圧倒的に優位になる」などということがあっても、企業サイトの数自体が少ないので、しょせんドングリの背比べです。低品質なコピペサイトも多いので、品質の向上を図る手段はいくらでもあります。

競合するブログの評価が上がった

自分のサイトを点検して原因を推測し、ひとつずつ改善していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました